【唖然】オウム真理教 松本智津夫・元死刑囚の遺骨いまも国が保管

まだ揉めていたんですね…

オウム真理教 松本智津夫・元死刑囚の遺骨いまも国が保管 引き渡しを求めて次女が提訴
オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚の遺骨と遺髪をめぐり、元死刑囚の次女が、国に引き渡しを求めて東京地裁に提訴した。最高裁で所有権が次女に確定したことに基づく請求で、提訴は2日付。次女の代理人が3日、明らかにした。

松本元死刑囚は2018年7月の死刑執行直前に、遺骨などの引き取り先として「四女」を指定したとされる。一方、次女側は「(元死刑囚の)精神状態からすれば、特定の人を引き取り人に指定することはあり得ない」と反発した。

四女側の審判申し立てに対し、東京家裁は「確定的な意思表示だったとみるのは困難」で、面会の申し込みを繰り返していた次女側との関係が「最も親和的」と判断。所有権は次女にあるとし、昨年7月に最高裁で確定した。

■公安当局が注視 次女側は「一切関係ない」
公安当局は、遺骨などが後継団体の信者の信仰対象になる可能性があるとみて、状況を注視。「遺骨を粉にして海に散骨する」という意向を示してきた四女側ではなく次女側が受け取ることについて、公安関係者には不透明さが増すと懸念する見方もある。

今回の提訴について、次女の代理人は、次女は00年に教団から離れて以降は一切の関わりを断って暮らしてきたと主張する。

次女は代理人を通じ、「父の遺骨を政治的にも宗教的にも利用されたくない。娘としてただ静かに悼み弔いたいと願っている」とコメントした。

【日時】2022年10月03日 13:31
【ソース】朝日新聞

オウム真理教オウムしんりきょう)は、かつて存在した日本の新宗教およびその宗教団体(宗教法人)。 1988年(昭和63年)から1995年(平成7年)にかけて、教団と敵対していた弁護士一家の殺害、信者・元信者へのリンチ殺人や信者の家族の拉致監禁殺害を繰り返したほか、毒ガスであるサリンを用いた松本サリン…
442キロバイト (68,452 語) - 2022年9月29日 (木) 03:56








#4 [匿名さん] :2022/10/03 15:51

>>0
ドグサレ外道鬼畜狂乱者
。ではあるがそんな娘さんの願いを込めて太平洋のど真ん中に散骨してしまえば誰も来なくなるからよくないか


#21 [匿名さん] :2022/10/03 16:23

>>0
こんな奴は死刑にしろ!


#29 [匿名さん] :2022/10/03 16:42

>>0
こいつアホやろ?


#30 [匿名さん] :2022/10/03 18:01

>>0
キショいわ!もう死刑で死んでるやろ


#8 [匿名さん] :2022/10/03 15:58

神格化はできないねテロしたし


#9 [匿名さん] :2022/10/03 16:10

>>8
神格化する信者か多数
まったく問題無い