2020年11月7日閲覧。 サントリー学芸賞 サントリーミステリー大賞 大阪文化館・天保山 - 旧サントリーミュージアム サントリー不易流行研究所 サントリー1万人の第九 サントリーTVショッピング 洋酒天国 ゆびスポットボトル マッサン - サントリーの前身である鳥井商店(→壽屋)をモデルとした「鴨居商店」として登場
198キロバイト (26,335 語) - 2022年6月6日 (月) 02:35
いいねwwww!

1 名無し募集中。。。 :2022/06/21(火) 17:45:35.04
サントリービールは、日本初となる炭酸水でつくる自由なビール「ビアボール」を発売する。
発売日は、業務用中瓶が10月4日、家庭用小瓶が11月15日。家庭用小瓶の価格は334mlで698円。

「新しいビールの文化をつくりたい」という思いから開発した、新たなカテゴリー創出、市場活性化を狙いとした商品。
氷を入れたグラスに炭酸水、ビアボールの順に入れて飲むタイプのビールで、炭酸水で割ることを製品上で訴求する日本初のビールとしている。

炭酸水とビアボールの割合は3:1が推奨ながら、好きな濃さで飲む、氷とビアボールでつくるビアロックを楽しむ、といったスタイルも推奨している。

アルコール度数は同社のビールとしては過去最高となる16%。これまで培ってきた醸造技術を結集しながら、ビアボールならではの醸造条件を確立することで実現したという。

パッケージは、ターコイズブルーを基調に、シズル感のあるビールをイメージしたブランドロゴを中央に配している。

(出典 asset.watch.impress.co.jp)


(出典 asset.watch.impress.co.jp)

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1418954.html VIPQ2_EXTDAT: che*ed:default:1000:512:: EXT was configured